柚子 血圧を下げて美肌効果も動脈硬化を予防|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」血管を健康にするちょい足し食材SPで柚子について放送されました。紹介していたのは食品医学研究所所長の平柳要(ひらやなぎかなめ)医学博士。平柳さんがオススメする食材は柚子。柚子には血液や血管を元気にする成分がたくさん含まれています。血管を拡張させるため血圧が下がり血流がよくなります。動脈硬化の予防にもいいのです。大切なのは皮。その表面にある油胞と呼ばれるツブツブです。皮の近くにはリモネンがあります。リモネンは交感神経を刺激して血流を増やす効果があります。このリモネンは皮の表面から出るエキスに多く含まれています。

 

また柚子に含まれるヘスペリジンは血管拡張物質(一酸化窒素)の合成を促し、血管を拡張させる作用があります。ヘスペリジンは柚子の皮とその内側のワタの部分に多く含まれています。

 

柚子湯

リモネンはお風呂上りに濡れた皮膚の膜をコーティングしてくれるため皮膚を潤わせる働きがあります。

 

柚子酢の作り方

1、柚子4個を半分に切る
2、皮を下に向けて搾る
3、搾った柚子の内側を搾り機にかけてワタの中のエキスを抽出
4、塩8gを加えて混ぜる
5、1日程馴染ませれば完成


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)