水素水ってどうなの?サビない身体の作り方|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で水素水ってどうなの?サビない身体の作り方が放送されました。肥満に便秘、肌荒れ、糖尿病、認知症、がんなどには共通の原因があります。それが酸化。つまり体がサビてしまうことです。

 

サビない身体の作り方

身体をサビつかせる元凶は活性酸素です。私たちにとって酸素は生きるために必要不可欠ですが、体に取り入れた中の約2%が体をサビさせる活性酸素に変わるのです。もともと活性酸素には強い酸化力で体内に侵入したウイルスや細菌を退治するという大切な役割があります。ところが必要以上に増えてしまうとウイルスや細菌だけでなく、健康な細胞まで傷つけてしまうのです。これが体がサビるということ。生活習慣病はもちろん脳卒中や心筋梗塞、認知症やパーキンソン病、がんまで活性酸素が関わっていると言います。活性酸素を増やす主な生活の乱れは睡眠不足、ストレス、お酒、タバコ、暴飲暴食、紫外線など。活性酸素を減らすためには抗酸化作用のある食材を沢山食べることが大切です。

 

水素水を大解明

今話題の抗酸化作用を持つ飲み物が水素水です。水素水はアメリカの医学誌「ネイチャーメディシン」に掲載され世界的に注目されている抗酸化飲料です。これまでにあげられた抗酸化に関する論文は400例もあります。水素は体内に取り込まれると活性酸素と結合し体に害のない水に戻ります。水素は宇宙一小さな物質のため体外からの物質が届きにくい脳や子宮などにも入り込むことができ体中の活性酸素を取り除いてくれるのです。

 

水素パワーでアトピー性皮膚炎が緩和

野山真澄さん(37歳)は子供の頃からアトピー性皮膚炎に悩まされていました。しかし水素を用いた治療を行ったことでツルツルになったと言います。彼女が使用したのは水素発生装置を使った水素風呂。アトピー性皮膚炎の原因の一つは炎症の要因となる増えすぎた活性酸素と言われています。その活性酸素を除去する水素風呂の効果で炎症が緩和したのです。水素風呂に出会ったきっかけは順天堂大学の漢方外来。ここで研究段階という説明があった上で水素風呂をすすめられたのだと言います。ただし現在は研究段階でアトピー性皮膚炎への効果は完全には解明されていません。

 

水素水の飲み方

1、1日に飲む量は300~500ml
2、コップに注いだら3時間以内に飲む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)