認知症治療の最前線「シロスタゾール&ユマニチュード&イギリスの取り組み」|NHKスペシャル

NHK総合テレビの「NHKスペシャル」で認知症治療の世界最前線について放送されました。

 

アルツハイマー病に効果のあるシロスタゾール

認知症の進行を食い止める可能性のある薬が今年2月、日本で見つかりました。きっかけは淡路島で行われた調査。なぜかアルツハイマー病の進行が遅い人たちがいるという報告でした。その一人が、生田佐代子さん(80歳)です。生田さんはアルツハイマー病と診断されて5年。身の回りのことを一人でこなすのが難しくなる時期ですが、生田さんはこれまで通り夫婦2人の生活を続けられています。5年前、認知機能の検査をしたところ生田さんの成績は30点満点中23点。初期のアルツハイマー病と診断されました。ところが、今年行った検査でも成績は23点と維持されていました。生田さんの主治医である洲本伊月病院の岡田雅博さんは、生田さん以外にも明らかに症状の進行が遅い人たちがいることに気づきました。調べを進めると進行が遅い人たちにはシロスタゾールという薬を飲んでいるという共通点がありました。シロスタゾールは元々脳梗塞の再発を防ぐための薬です。血液をサラサラにする働きがあります。詳しく調べた結果、通常は時間が経つにつれ認知機能が低下していくのに比べてシロスタゾールを飲んでいる人たちは認知機能の低下が80%も抑えられていることが分かりました。国立循環器病研究センターの猪原匡史さんはマウスにシロスタゾールを与え脳の変化を詳しく調べました。すると、脳に溜まっていたアルツハイマー病の原因物質アミロイドβが減少したのです。アミロイドベータは神経細胞が働くと発生する老廃物です。普通は血液に排出されます。ところが、量が多くなりすぎると血管の壁の中に詰まって溜まり始めます。すると血管が切れ栄養と酸素が届かず神経細胞が死滅。認知症を悪化させます。シロスタゾールにはそれを防ぐ力があることが分かりました。血管の筋肉を刺激し動かす働きがあり、それが溜まっていたアミロイドベータを取り除いてくれたのです。

 

認知症とインスリン

身近にある薬の効果をいかす戦略は世界ではさらに加速しています。アメリカで今、特に注目されているのが糖尿病の薬インスリン。実は最近になってアルツハイマー病では「脳の糖尿病」とも言える状態が起こっていることが分かってきました。糖尿病はインスリンの働きが悪くなり細胞が糖をうまく取り込めなくなる病気です。糖を取り込めないと細胞がエネルギー不足に陥ります。脳でも脳の細胞が血液中の糖を取り込めない状態が起こります。糖尿病ならインスリンを送り込めば良いのではないかと、アメリカでは糖尿病治療で使われるインスリンを直接脳に届ける試験が進んでいます。

 

ユマニチュード

イヴ・ジネストさんらが開発したユマニチュードと呼ばれるケアの方法は認知症の人に対して徹底して人間らしく接することで行動心理症状を和らげることが出来ると言います。ユマニチュードで大切なのは「見つめる」「話しかける」「触れる」「寝たきりにしない」です。認知症と診断されて12年になる岡四平さん(88歳)は2年前、足を骨折してから寝たきりの状態です。イヴ・ジネストさんはまず岡さんを正面から笑顔で見つめました。認知症の人は視界の中心にいる人しか認識できない場合があるからです。触れる時は優しく、掴むのではなく動こうとする意志をいかして下から支えます。世話をする時は実況中継をするように話しかけ続けるのがポイント。認知症の人は何をされているのかすぐに忘れてしまうことがあるからです。岡さんは2年ぶりに数歩、歩くことが出来ました。なぜ笑顔で見つめ話しかえると認知症の人とのコミュニケーションが改善するのでしょうか?実は症状が進んだ人にも様々な認知能力が残されていることが分かってきました。感情を読み取る力はあまり衰えずに残っているのです。久万辰雄さん(95歳)は肺炎で入院したことがきっかけで認知症が悪化。このままだと寝たきりにならないか心配されています。イヴ・ジネストさんが手を握り見つめて話しかけると久万さんも少しずつ体を動かし始めました。久万さんは退院後もユマニチュードを続けることになりました。そのためユマニチュードを家庭で行うための基本を妻かね子さんが教わっていました。2ヵ月後、久万さんは毎日歩く訓練や柔軟体操に取り組んでいます。会話をする力と笑顔を取り戻しました。

 

行動・心理症状とストレスホルモン

介護の現場を悩ます徘徊や暴力などの行動・心理症状はどうして起きるのでしょうか?そのメカニズムの研究に取り組んでいるのがワシントン大学のエライン・ペスキンド教授です。ペスキンド教授が目をつけたのはストレスホルモン。アルツハイマー病の患者ではストレスホルモンの量が多いと行動・心理症状が頻繁に起きることが分かりました。さらにアルツハイマー病だとストレスホルモンが通常より多くなりやすいことも分かってきました。海馬は記憶に関わるだけでなくストレスホルモンを減らす役割も果たしています。ところが、アルツハイマー病になると海馬が萎縮しストレスホルモンを減らす機能が弱まります。すると、ストレスホルモンが過剰になり脳が興奮した状態が続いてしまいます。そのため暴力などの行動・心理症状が起きやすくなるのです。アズサ・パシフィック大学のリン・ウッズ准教授によると、優しく触れることでストレスホルモンの分泌が減るそうです。

 

アルツハイマー病の予防法

福岡県久山町は九州大学と協力し50年以上にわたって住民4000人の健康状態を追跡調査しています。65歳以上でアルツハイマー病と診断された人の割合は1992年では1.8%だったのに対し、2012年には12.3%と6倍以上に急増しています。いったいどういう人がアルツハイマー病になりやすいのでしょうか?久山町の調査で生活習慣との深い関係が浮かび上がってきました。生活習慣病の一つ糖尿病の人はアルツハイマー病発症の危険が2倍も高いことが分かりました。さらに喫煙の習慣がある人は危険性が2.7倍にもなります。一方でアルツハイマー病になりにくい生活習慣も見つかりました。それは運動です。運動習慣がある人は発症の危険性が4割減ることが分かったのです。

 

イギリスの新戦略

イギリス・ケンブリッジ大学のキャロル・ブレイン教授のチームはイギリスの高齢者7500人を調べたところ、増えると思われていた認知症になる人の割合が減少に転じていたのです。ブレイン教授はイギリスの脳卒中や心臓病の予防対策が認知症になる人を減らすことに効果をあげたと考えています。イギリスでは脳卒中と心臓病への対策を行っていたのです。これにより死亡率はともに40%も減少。これが結果的に認知症を減らすことにも繋がっていたのです。一体どのような対策をうったのでしょうか?かぎは医師が生活習慣病の予防に取り組むよう促す制度にありました。患者の健康を維持すると医師にポイントがつく制度を10年前にスタート。例えば45歳以上の人の血圧を5年以上記録し続けるとポイントがつきます。高血圧の人を見つけ、そのうちの45%以上の人で血圧を改善できればポイントがつきます。さらに改善する人の割合が増えれば増えるほどポイントも増えます。ポイントによる医師の収入は多い人で15%にも及びます。日本の医療保険制度ではこうした予防活動にお金は出ません。イギリスの生活習慣病対策は医療現場にとどまりません。例えば喫煙者を減らすためにタバコの自動販売機を撤去し売り場での陳列を法律で禁止しました。また高血圧を引き起こす塩分の摂取量を1日6g以下に下げるため85の食品に対して目標の塩分量を設定。大手スーパー、食品加工メーカー、外食産業と一体となり減塩を推し進めています。生活習慣病の予防を個人任せにせず社会の仕組みで挑むことで認知症を減らしたのです。