ストレスを感じやすい人の特徴&セロトニン活性術|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」でストレスについて放送されました。仕事や人間関係のストレスで精神に問題を抱える人が増えています。そこで厚生労働省は今年12月から社員のストレス度合いを確認するストレスチェックを義務化。アンケートに答えストレス度合いが高い人は本人の同意の上で事業者に通知。必要に応じて措置がとられます。

 

ストレスを感じやすい人の特徴

・不安を感じやすい
セロトニンは脳幹で作られるホルモンでストレスを緩和し心を安定させる働きがあります。ところがセロトニンを不足させる不安遺伝子があり、日本人の8割の人が持っています。

・こだわりが強い
またストレスが多い人はこだわりが強い傾向もあります。ものごとに対するこだわりから柔軟な考え方をしないことがストレスに繋がるのです。

 

セロトニン活性術

1、リズム運動
ウォーキング、ジョギング、自転車こぎ、水泳など一定のリズムを繰り返す運動を1日5~30分、疲れない程度に行いましょう。

2、セロトニンの材料となる栄養を摂る
トリプトファン、ビタミンB6、炭水化物。バナナは3つの栄養素がバランスよく入っています。

3、スキンシップ
人との触れ合いによってセロトニンが分泌されます。触れ合う相手はペットでもOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)