睡眠と免疫力 深い睡眠をとる方法|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で睡眠と免疫力について放送されました。深い睡眠をとっている人は私たちを病から救ってくれる物質を体内で増やすことができると言います。それは免疫細胞の一種であるB細胞。B細胞は特に体内に侵入してきたウイルスや細菌に力を発揮。インフルエンザや風邪などから体を守ってくれる存在です。B細胞が作られるのは眠っている間だけです。しかも深い睡眠でなければなりません。深い睡眠をとると脳から成長ホルモンが分泌されます。するとホルモンを材料にしてB細胞が作られるのです。朝、目が覚める頃には大量のB細胞が体内に蓄積。この状態ならウイルスの攻撃にあっても体を守ることができます。しかし戦っている間にB細胞は減少。そのため、また深い眠りでB細胞を増やさなくてはなりません。

 

深い睡眠をとる方法

1、寝る2時間前に湯船につかる
2、寝る1時間前に温かい飲み物を飲む


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)