老化原因AGE(終末糖化産物)を撃退!|夢の扉+

TBSテレビの「夢の扉+」で新たな老化原因AGEを撃退!が放送されました。しみ、しわなど老化の主な原因は体を錆びさせる活性酸素とされてきました。しかし近年、老化に関わる新たな物質が明らかになりました。それが終末糖化産物、通称AGEです。この研究の第一人者が久留米大学医学部教授の山岸昌一(やまぎししょういち)さん。山岸昌一さんは世界で初めて老化の原因であるAGEを体内から取り除ける物質を発見しました。

 

見た目が老けている人は同じように体内も老化していると言います。人間の体を作る主な成分の一つがたんぱく質。たんぱく質と糖が結びつくと体温で徐々に焦がされていきます。これがAGE。AGEが増えていくと排出できなくなり、体内にどんどん蓄積されてしまいます。茶色いAGEはシミやくすみをうみ、肌のハリにも影響を与えます。コラーゲンがAGE化するとプリプリの弾力が失われ、たるみやシワを増やす原因に。血糖値が高い人ほどAGEが多く作られます。こうしたAGEの差が同じ年代でも見た目の老け具合に大きな差を与えるのです。

 

さらに老化の原因であるAGEが及ぼす深刻な問題が寿命です。血管のコラーゲンが硬くなると脳梗塞や心筋梗塞の一因に。また骨のコラーゲンが硬くなると骨粗しょう症を引き起こします。さらに脳にできたAGEがアルツハイマー病の一因という説も。AGEを体に溜めないことが健康長寿への鍵となります。

 

AGEは体内で作られるだけでなく、知らず知らずのうちにAGE自体を食べてしまっています。ステーキ、焼き鳥、からあげなどは美味しそうなきつね色をしていますが、この部分こそAGEなのです。蒸した鶏肉に含まれるAGEを1とすると、焼いた鶏肉は5、からあげは10です。かりかりベーコンにいたっては100だと言います。

 

AGEを増やさない食事法

はじめに野菜を食べ、次におかず、最後にごはんを食べることで血糖値の上昇を抑えAGEが生まれにくくなります。食べ物では食物繊維が多い海藻や野菜は糖質の吸収を緩やかにしてAGEの発生を抑えてくれます。またトマトやほうれん草に含まれるαリポ酸はAGEの蓄積を抑える効果があります。さらにブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンはより強い効果があります。

 

これまでAGEの対策は溜めにくくすることとされてきました。しかし山岸昌一さんは世界で初めて体内からAGEを取り除ける物質を発見しました。通常、AGEは様々な物質を除去する白血球の対象となりにくいですが、アプタマーという物質がAGEにつくと白血球は異物とみなし除去してくれます。このAGEとくっつくアプタマーを見つければAGEを減らせるのではないかと山岸昌一さんは考えました。しかしアプタマーの候補の数は膨大でした。実験を繰り返すこと2年、2つのアプタマーを絞り込めました。さらに2個のアプタマーを分析し1つに絞り込み、マウスで実験をしたところAGEは減りました。山岸昌一さんは5年以内にアプタマーを使ったAGEを減らす薬の開発を目指しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。