便秘の大誤解&食物繊維の摂り方|ためしてガッテン

NHK総合テレビの「ためしてガッテン」で便秘スッキリ大革命が放送されました。

 

間違った便秘対策

20歳の川添りえさん(仮名)は小学校に上がる前から便秘に悩んできました。毎朝トイレに行くものの1時間出ないこともザラ。少し出ても残便感がありスッキリしなかったと言います。便秘対策で力を入れたのは食事。野菜や海草などを使った料理が毎日食卓に並びました。またアロエを食べたり漢方のお茶も飲んでみたり、ツボマッサージをしてみたりしたと言います。さらに市販の便秘薬もほぼ毎日飲み続けました。しかし、効果が出ないため薬の量が少しずつ増えていきました。大学生になったのをきっかけに腸の検査を受けました。すると大腸黒皮症になっていることが判明。大腸黒皮症は便秘薬の成分によって起こる色素沈着です。

 

大腸黒皮症のメカニズム

アントラキノン系と呼ばれる刺激成分の入った便秘薬は、腸の壁を刺激して蠕動運動を活発にさせます。しかし、長期間この薬を飲みすぎてしまうと腸の粘膜細胞が大量に死んで蓄積。その結果、腸の壁が黒ずんでしまうのです。ただし大腸黒皮症は見かけは悪いですが病気ではありません。薬を減らせば腸の色は元に戻ります。刺激成分はセンナ、ダイオウ、アロエ、センノシド(センノサイド)、カスカラ、ビサコジル、ピコスルファートナトリウムなど。このような刺激性成分が入った便秘薬は症状のひどい時だけ服用するのが基本です。薬の効果が感じられないなら病院へ行きましょう。

 

便秘の大誤解

医学的な排便回数の正常範囲は週3回以上、1日3回以下です。そのため1日1回出なければならないわけではないのです。ただし毎日出ていてもトイレで非常に力む、お腹が痛い、残便感があるなど排便困難症状がある場合は便秘となります。

 

通常、食物繊維は消化されず大腸で便のカサを増します。すると腸の壁が刺激され蠕動運動が活発になって便を先の方へと送り出してくれます。しかし高齢者の場合、便のカサを増したいと食物繊維を多く摂るとカサは増しますが腸の機能が低下しているため、腸の動きが活発になりません。ゆっくりと腸の中を進むうちに水分が再吸収されカチカチの便の塊が残ってしまいます。そのため便秘に悩む高齢者に必要なのは水溶性食物繊維です。水溶性食物繊維が豊富なのは大麦、エシャレット、わかめ、ひじきなど。水溶性食物繊維は便を軟らかくする効果があります。

 

便をスッキリ出す秘訣

前かがみの姿勢になると直腸と肛門の角度がまっすぐになり排便しやすくなります。