パーティーピーポーを調査した件|月曜から夜ふかし

日本テレビの「月曜から夜ふかし」でパーティーピーポーを調査した件について放送されました。以前、「月曜から夜ふかし」で由比ガ浜で川柳を詠んでもらった時に登場したパーティーピーポーたちですが、夏の終わりと共に彼らは去っていきました。(詳しくは>>荒れた海岸で川柳を詠んでもらった件in須磨海岸&由比ガ浜)そんな彼らは今どこでどんな生活をしているのでしょうか?

 

イルマニアさんの日常

「イルマニア 埼玉入間 代表さ」と川柳を詠んだ入間のパーティーピーポー島敬人(しまたかひと)さんは29歳で実家暮らしをしています。車は中古のレクサス470万円(5年ローン)です。イルマニアさんの仕事は産業廃棄物の収集と運搬。1年半前から正社員として働いています。この仕事を選んだ理由はお金だそうです。イルマニアさんは見栄をはって買った車のローンを返済するため一生懸命働いているのです。そんな彼に仕事中に詠んでもらった川柳は「ひと仕事 終えた後にも ひと仕事」でした。

 

ダブルあやの日常

「由比ガ浜 パーティーピーポーするぞ ダブルあや」と川柳を詠んだダブルあやの一人が飯野彩奈さん(23歳)です。彩奈さんは2歳年下の旦那さんと二子玉川の1Kで暮らしています。ちなみに家賃は10万円。家事はもちろん週4日ウェイトレスのアルバイトに励み家計を助けています。

 

もう一人のあやさんは竹内彩乃さん(24歳)は埼玉県川越市の実家で暮らしています。趣味は特になく夢はお嫁さんにいくことだそうです。

 

パーティーピーポーも毎日パーティーでは生きていけません。地味な日常の積み重ねがあってこそパーティーは成立するのです。そして日ごろの憂さとお金が貯まった時、彼らはパーティーピーポーと化すのです。週末になるとイルマニアさんはラッパーとしてパーティーピーポーに変身。埼玉各地でライブ活動を行い1回のパフォーマンスで約2万円の収入を得ているそうです。