マーラーの交響曲第1番|ららら♪クラシック

NHK・Eテレの「ららら♪クラシック」でマーラーの交響曲第1番について放送されました。

 

交響曲の革命家現る!

ダスタフ・マーラーは生涯に10曲もの革新的な交響曲を作りました。その原点となったのが交響曲第1番です。新たな音楽を目指し情熱の全てを傾けた作品です。しかし、交響曲第1番ははじめは交響曲ではなく交響詩として作られました。交響詩とは、物語をもった管弦楽曲のことです。19世紀後半にはじまったこの新ジャンルの音楽はたちまちヨーロッパ中を席巻。とりわけブームを牽引していたのはリヒャルト・シュトラウスです。ニーチェが題材の交響詩「ツァラトゥストラはこう語った」をはじめシェイクスピアなどの文学をもとに次々と交響詩を発表しました。同年代で指揮者仲間でもあったシュトラウスの活躍に刺激されマーラーも交響詩を作曲。「巨人」という表題と物語風の文章をそえた曲を発表しましたが、全く理解してもらえませんでした。物語の内容ばかりをたずね純粋に音楽を聴こうとしない聴衆たちにマーラーは悩みました。

マーラーは交響詩「巨人」から表題と物語性の全てを取り払い純粋な音楽・交響曲に作り直しました。8年に及ぶ改訂の後、改めて発表したのが「交響曲第1番」です。7人のホルン奏者が立ち上がって演奏するなど、実験精神あふれる交響曲です。後にマーラーは「リヒャルト・シュトラウスの時代が終わりやがて私の時代が来る」と語っています。

 

指揮者が語るマーラーのスゴイ楽譜!

オペラを中心に指揮した回数は生涯で2300回以上、当代随一の人気指揮者だったマーラーは常に完璧を求め納得するまで延々と練習。オペラの舞台セットや小道具にも違うと思えば大激怒したと言います。熱血漢ぶりは作曲においても発揮されました。マーラーの書いた楽譜を見てみると、「嵐のように荒々しく」「意気揚々と勝ち誇って(急がずに)」など五線譜におさまりきらない沢山の指示が書かれています。実際に演奏する指揮者たちはどう思っているのでしょうか?

「とにかく面白い。色んな事が書いてある。それがマーラーからのお手紙ような感じて伝わってきておもしろい。マーラー自身が指揮者だったのでオーケストラに対する要求が細かくて指示を書かざるおえなかったんだと思います。マーラーが求める音楽がもちろん第一にあったと思うんですが、効率よくリハーサルが進むこと、自分の意思が間違いなく伝わること。指示があることで助かることが多いと思います」(指揮者 大井剛史さん)

「マーラーの指示には全てしたがっています。とても大事にしています。彼の指示はいわば舞台の演出家がだす演出指示と同じものだと思います。例えばオーケストラが一つの気持ちを表現する中にまるで違う気持ちのソロが現れる。そんな指示があったりします。作品のキャラクターについて細かく指示を出しているんですよ。マーラーの意図と理解すれば指揮者はいくらでも豊かに個性的な表現ができるんです」(マイケル・ティルソン・トマスさん)

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)