1万円以下の贅沢公共宿|とくダネ!

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免でこの冬行きたい!1万円以下なのに贅沢公共宿について放送されました。

 

松茸山荘(まつたけさんそう)

長野県松本市の山間にあり、料金は1泊2食付きで1人9000円~です。夕食はお刺身から鍋までそろう会席料理。これだけでも豪華ですが絶品なのは松茸の釜飯、松茸のお吸い物。さらに、もっと松茸を味わいたい人には1泊2食付きで1万6500円~の松茸会席コースもあります。松茸山荘は松本市が所有する山のマツタケ採取権を持っています。そのためマツタケを低価格で提供できるのです。さらに松茸山荘では独自の保存方法で香り豊かなマツタケを一年中堪能できると言います。宿の魅力は松茸以外にもあります。大浴場からは北アプルスの絶景が眺められるのです。しかもお湯は源泉かけ流しの天然温泉。まさに極楽な公共宿なのです。

 

信州むしくらの宿 やきもち家

長野駅から車で40分程のところにある1泊2食付き1人7710円~の宿です。やきもち家は実際に使用していた古民家を1989年に当時の中条村(現・長野市)が移築。併設された新館の客室からは気象条件によっては雲海を見ることができると言います。大浴場は露天風呂もある天然温泉。何と言ってもやきもち家の魅力は、囲炉裏で作られる信州の田舎料理ぶっこみ。太い麺に地元で採れた野菜を入れ味噌で煮込んだものです。他にも信州福味鶏を炭火で焼き上げて食べられます。目玉は郷土料理おやきの手作り体験です。

 

国民宿舎 小豆島

瀬戸内海に浮かぶ小豆島にある1泊2食付き1人7710円~の宿です。デザイナーホテルさながらの部屋からは瀬戸内海を一望できる大パノラマが。子供連れに嬉しいログハウス風のロッジもあり、こちらかも美しい景色がのぞめます。特に夕日は絶景だと言います。夜、晴れている日に不定期で地元ボランティアが島の美しい夜空を楽しんで欲しいと観察会を開催しています。

タグ:

コメントを書く

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)