口内フローラ 口臭の原因・歯周病を防げ|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で口内フローラについて放送されました。紹介していたのは鶴見大学教授の花田信弘(はなだのぶひろ)先生です。

口の中の細菌の集まりは「口内フローラ」と呼ばれ、約700種類、100億個ほどの細菌が存在しています。口内フローラには善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにもなりうる日和見菌が存在します。しかし、ひとたび口内フローラが乱れると悪玉菌が増殖してしまうのです。虫歯がある人は要注意です。マウスによる実験で虫歯の原因になる悪玉菌が脳内に侵入すると血管の炎症が悪化。脳出血を発症したのです。このように虫歯でできた穴や歯茎の炎症部分などから細菌が入り込み全身に拡散するのが歯原性菌血症(しげんせいきんけつしょう)です。悪玉菌が様々なトラブルを引き起こすのです。口内フローラの乱れが引き起こすのが口臭です。口臭が気になる人は要注意。すでに口の中が悪玉菌だらけかもしれないのです。

 

歯周病菌を予防するには?

一般的には歯周病菌は大人同士の接触でうつりやすいと言われています。カップルのどちらかが歯周病の場合には、2人同時に治療する必要があります。

 

歯周病を防げ

口の中には口内フローラを整えてくれるものがあります。それが唾液です。唾液には悪玉菌の増殖を抑える抗菌作用があります。さらにカルシウムなどが含まれているので歯の表面の修復を促すなど、口内フローラを正常に保つ大きな役割を果たします。唾液の分泌を促すには唾液腺への刺激と口と舌の筋力が必要です。

 

パタカラ体操

「パ」と発音すると唇の筋力が鍛えられます。「タ」は舌の中央の筋力、「カ」は舌の奥の筋力、「ラ」は舌の先の筋力が鍛えられます。この「パタカラ」を多く入れた文章を読むのがおすすめです。

「パンダの宝物はパパパンダからもらったラッパ。歩いてパタパタ、鳴らしてパラパラ。高かったラッパで財布の中身は空っぽ」

 

緑茶

緑茶にはフッ素とカテキンが含まれているので、抗菌作用があり口内フローラを整えるのに最適です。飲むだけでなく食後に1分程度口に含んでブクブクするのが効果的です。

タグ:

コメントを書く

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)