下半身太りの原因は子宮冷え|その原因、Xにあり!

フジテレビの「その原因、Xにあり!」で下半身太りの原因について放送されました。下半身太りの原因はむくみや運動不足だけだと思われがちですが、意外な原因が分かってきました。産婦人科クリニックさくら院長の桜井明弘(さくらいあきひろ)さんによると、下半身太りの原因は子宮冷えにあるそうです。子宮冷えは医学的な定義はありませんが、子宮の周りの血管の血流が滞ることです。放っておくとひどい生理痛や生理不順の原因になることがあります。

 

子宮冷えとは?

子宮に向かって流れる子宮動脈の血流が滞ってしまうことを子宮冷えと言います。子宮動脈の血流が滞るということは、下半身全体の血のめぐりが悪くなっているということ。すると、必要な栄養が届きにくくなるのと同時に老廃物もたまり、その結果下半身に脂肪がつきやすくなってしまうのです。ではなぜ子宮冷えが怒ってしまうのでしょうか?それは座っていることが多い生活習慣に問題があると言います。

 

子宮冷えチェック

お尻を直接触る
冷たいと感じる人は子宮冷えかもしれません。

 

子宮冷え取りエクササイズ①子宮周りの血流を促すフラミンゴ

1、足を肩幅に開き腕を肩まで上げて横に伸ばす
2、足を反対側の膝まで持ち上げ上半身をゆっくり捩じりゆっくり戻す

左右5回ずつ2セット行いましょう。

 

子宮冷え取りエクササイズ②おしりから太ももまでの血流を促すスケーターキック

1、椅子の背もたれに手を置き足を肩幅に開いて立つ
2、軽く屈伸したあと片足を後ろに蹴る
3、反対側も同じように行う

左右1セット30回行いましょう。

 

子宮冷え取りエクササイズ③つま先まで一気に血流を促すモグラたたきスクワット

1、足を肩幅に開き頭の上で手を組む
2、軽く屈伸した後かかとを上げながら背伸びをする
3、かかとをゆっくり下ろす

この動きを10回行いましょう。

タグ:

コメントを書く

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)