折原真紀は今…|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で折原真紀さんの現在について放送されました。折原真紀(おりはらまき)さんは1974年、期待の新人として歌手デビューし、その後はグラビアモデルとして世の男性を魅了しました。さらに1978年放送の少年野球ドラマ「がんばれ!レッドビッキーズ」で美人警官役を演じました。しかし、デビューからわずか4年後、突如芸能界を引退。表舞台から姿を消しました。

 

61歳になった折原真紀さんは岩手県奥州市でブティック「ソフィア」を経営しています。しかし、先月の売り上げはゼロ。もう1年以上赤字続きだと言います。

 

1981年、折原真紀さんは幼馴染だった夫・晴司さんと結婚。地元・岩手に戻り夫婦でブティックを始めました。すると、そのハイブランド戦略が受け最盛期には店舗数が7店に拡大。年商は最大で2億円程あったと言います。やがて、双子の男の子にも恵まれ順風満帆な生活を手に入れました。しかし、2000年代に入るとユニクロやH&Mなど低価格のファストファッションブームが到来。岩手にも次々と低価格の大型店が出現し、7店舗あった支店は経営不振に。気が付けば1店舗だけとなり借金4000万円。さらに2015年10月、夫・晴司さんが食道がんで他界。皮肉にも4000万円の借金は夫の保険金で完済できました。その後の折原真紀さんの生活は、夫が建てた3LDKの一軒家で抜け殻のような生活に。子供が東京に出て行った今、広すぎる家での生活には笑顔も笑い声も全く消えたと言います。生きがいは夫との思い出がつまったブティックを守ることだけ。しかし、現実は厳しく決断を迫られています。実は、折原真紀さんのブティックは毎月160万円の売り上げを出さなければ赤字経営となります。しかし、毎月30万円もの赤字です。わずかばかり残っていた夫の保険金を切り崩し、経営を続けてきましたが、ここ1年で370万円ものマイナス。もう夫の貯えが底をつくのも時間の問題でした。

そして、折原真紀さんが下した決断はお店の閉店でした。

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)