むくみの原因は腸冷え 蒸しショウガを飲むだけでむくみを改善|腸を知って身体のお悩み解決

フジテレビの「腸を知って身体のお悩み解決SP」でむくみの原因は腸冷えだった!蒸しショウガを飲むだけでむくみが解消!?が放送されました。

むくみとは全身の細胞から老廃物や疲労物質などが含まれた水分を回収するリンパ管が何らかの影響によって機能しなくなり、不要な水分が回収されずに溜まってしまうため起こる症状です。むくみの原因は意外なところにもあります。それは腸冷え。腸冷えとは、腸自体の温度が低下してしまうこと。冷たい飲み物を飲みすぎたり、薄着で過ごしたりといった生活習慣が原因で腸冷えを引き起こしてしまうというのです。

実は身体の中で特に多くのリンパ管が集まっているのが腸。吸収した栄養分を身体全体に運ぶため、腸の周りには多くのリンパ管が必要とされているのです。そんな腸の周りにあるリンパ管は、腸の蠕動運動がポンプがわりとなってリンパを流しているのですが、腸冷えをしてしまうと腸の動きが鈍くなりリンパの流れが停滞。これが身体全体のリンパの流れに影響し、老廃物や不要な水分が溜まり、むくみとなってしまうと言います。さらに腸冷えが悪化すると、免疫力低下、疲れやすくなる、栄養バランスが悪化などが起こることもあります。腸冷えを起こさないためには腸を温めることが大事です。腸を温めるチョイ足しフードとして紹介されたのが蒸しショウガ。

蒸しショウガとは生姜を蒸した後、天日干しして乾燥させたもの。生のショウガよりも身体を温める成分が段違いに多いのです。生のショウガに多く含まれているジンゲロールという成分が、蒸すことで次第にお腹の中から温めてくれるショウガオールに変化します。ショウガオールは腸の周りでアミノ酸を集めてペプチドを作ります。このペプチドが血管を広げ、血流が良くなることで腸が温まるようになるのです。さらに、蒸しショウガはペプチドを作りだすショウガオールを生のショウガの約400倍も含んでいるのです。

 

蒸しショウガの作り方

1、生のショウガを皮をむかずに1~2ミリにスライス
2、重ならないように並べ30分間蒸す
3、1~2日間天日干しする
4、すり鉢ですり潰す

保存は常温で。冷蔵庫で冷やされると蒸す前の成分に戻ってしまいます。ちなみにスーパーなどでも購入可能です。

 

腸を効果的に温める2つのポイント

1、蒸しショウガはたんぱく質が豊富なものにちょい足しすべし!

2、蒸しショウガは65℃の飲み物にちょい足しすべし!

 

菊池亜美が蒸しショウガ腸温活に挑戦

蒸しショウガ腸温活に挑戦していたのは元アイドルの菊池亜美(きくちあみ)さん。朝・夜に約65℃のホットミルクに1gの蒸しショウガを入れて飲んでいました。1週間でむくみ改善効果があらわれていました。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)