骨折対策|チョイス@病気になったとき

NHK・Eテレの「チョイス@病気のとき」で今日からできる!骨折対策が放送されました。

 

最も多い骨折とは?

井坂治代さん(73歳)はマットの角ですべり腰のあたりに折れた感覚があったと言います。自分で動くとひどくなると思い、娘に連絡し来てもらいました。2時間後、娘が到着し病院に向かおうとすると、なぜか痛くなかったと言います。ところが検査によって、やはり背骨が骨折していることが判明しました。井坂さんの骨折は骨粗しょう症性の脊椎圧迫骨折でした。

骨では骨を壊す破骨細胞と、骨を作る骨芽細胞の2種類の細胞が働いています。この2種類の細胞がバランス良く働くことで常に新しい丈夫な骨に作り替えられています。ところが、加齢などが原因で破骨細胞の方が多く働いてしまうと、骨を壊す量が作る量を上回ってしまい骨の密度が下がってスカスカになってしまいます。これが骨粗しょう症です。骨粗しょう症によって骨がスカスカになると、自分の体重に背骨が耐えきれなくなってしまいます。すると、尻餅など些細な衝撃でも骨が潰れてしまうのです。これを圧迫骨折と言います。圧迫骨折は手や足などの骨折よりも自覚症状を感じにくいのが特徴です。

 

骨粗しょう症 簡単チェック法

身長が2~3センチ低下している場合は骨粗しょう症で圧迫骨折している可能性もあります。また壁にかかと、背中、後頭部をつけて真っ直ぐに立ち、後頭部が壁につかない場合は骨粗しょう症の疑いがあります。さらに50歳代以降に骨折の経験がある、家族に骨粗しょう症と診断された人がいるなどの場合も骨粗しょう症になる可能性が高くなります。

 

井坂さんのチョイスは?

井坂さんが医師からまず提案されたのは安静。コルセットを巻いて骨が固まるのを待ちます。しかし、長くて3ヶ月程仕事を休まなくてはなりません。そこで井坂さんが選択したのは手術です。BKP(バルーン・カイフォ・プラスティ)という手術です。2011年から保険適用になった通称「バルーン手術」という言われている手術法です。バルーン手術を行うには、まず潰れた骨に5ミリ程度の穴を開けます。そして穴から潰れた骨にカテーテルをさしこみます。潰れた骨が元の形になるようにバルーンの圧力で内側から広げていきます。この空洞に骨セメントと呼ばれる人工の骨を流し込みます。空洞が骨セメントで満たされて固まったら手術は終了です。手術時間は30分程度だそうです。ただし、バルーン手術を行えるのは認定された医療機関のみです。

 

骨密度を上げる方法とは?

佐野芳子さん(79歳)は3年前に骨粗しょう症と診断されました。しかし、診断後も骨折もなく元気に仕事を続けています。半年に1回の皮下注射の治療を受けているからです。2013年から使用が可能となった薬デノスマブです。デノスマブは骨を壊す破骨細胞の活動を抑える効果があるので、骨の破壊を食い止めることができます。その結果、骨が増え骨密度が上がるのです。しかも、この薬の効果は約半年間持続。そのため、患者の負担も軽くてすむのです。しかし、注意点もあります。

破骨細胞は骨を壊し、骨から得たカルシウムを血液に送り込む役割もあります。デノスマブは破骨細胞の活動を抑えるので、この血液に送る働きも弱ってしまいます。血液中のカルシウムが不足してしまうと、しびれなどの症状を引き起こす低カルシウム血症になる場合があるのです。

そこで佐野さんは食生活の見直しもしました。カルシウム不足にならないよう食事で補うようにしたのです。さらには運動も。骨そのものを強くするために1日100回の踏み台昇降も行いました。その結果、減り続けていた骨密度が一転。3年間で腰椎が6%、大腿骨が3%アップしました。

 

転びにくくなる方法とは?

[足裏の感覚を研ぎすます]
1、「つるつる」や「でこぼこ」など感触が違うものを本人に知らせずに用意する
2、目をつぶり足の裏で感じたものがどんなものかイメージする

[クロストレーニング]
1、座布団の上に立つ(壁の近くで行う)
2、膝を曲げずに身体を傾け3~5秒姿勢を維持する
3、傾けるのは前後左右それぞれ行いましょう

[足の指の筋トレ]
椅子に座り裸足になり片足の指でタオルをつまんで持ち上げる