毛細血管ケア アンチエイジングの新常識|ガッテン!

NHK総合テレビの「ガッテン!」でアンチエイジングの新常識 毛細血管ケアが放送されました。アンチエイジングの鍵は毛細血管だと言います。毛細血管は体中にはりめぐらされて全身の隅々まで酸素と栄養を運ぶ大事な存在です。ところが、毛細血管は年齢と共に少しずつ死んでいきます。その結果起きるのがシミやシワなどのお肌のトラブルです。さらに毛細血管が減ることは様々な病気の引き金になることが最新の研究で分かってきました。

毛細血管の太さは動脈の1000分の1以下、0.005mmです。毛細血管は酸素の足りない場所を見つけると、自ら伸びていきます。しかし、60~70代では毛細血管の量が20代の4割も減少してしまいます。毛細血管は年と共に減っていくのです。影響が大きいのは体の一番外側、お肌です。シミやシワなど様々なトラブルの元凶に。他にも肝臓の毛細血管が減れば、その働きは悪くなってしまいます。さらに肺や脳などの毛細血管が減ると様々な病気の引き金になることも。つまり、毛細血管が減ることは身体にとっての一大事なのです。

 

ゴースト化の謎を解明!驚きの毛細血管の仕組み

毛細血管は一つ一つの細胞が数珠つなぎのように連なって出来ています。壁細胞は毛細血管を外側から補強し、血管の構造を丈夫に保っています。毛細血管は周りの細胞に酸素や栄養を届けるため、適度に漏れるようにできています。

しかし、壁細胞が剥がれると内側の細胞の接着がゆるんで血液が沢山漏れてしまいます。すると先へ血液を届けられなくなってしまうのです。

 

毛細血管劣化の原因

1、加齢に伴う細胞の寿命
2、血糖値やコレステロールの上昇が血管の細胞にダメージを与える

 

毛細血管が衰えたサイン

むくみ
皮膚の下の毛細血管で漏れが起こるとむくみ、やがてたるみになります。

血流をアップさせることが毛細血管の漏れを防ぐカギとなります。

 

血流をアップさせる方法

1、お風呂
自分がいい湯だなと思う温度のお風呂に10分間、肩までしっかり入る。

2、ウォーキング
3分ゆっくり歩いた後に3分間早歩き。これを交互に繰り返す。

 

血流をアップさせるスキップ

スキップをすると、ふくらはぎのポンプ作用で下半身に溜まった血液が上がっていきます。すると、全身の血流が良くなるのです。

その場スキップを1度に20回、朝・昼・晩の3回行いましょう。同じようにかかとの上げ下げも効果があります。1回20~30回を朝・昼・晩行いましょう。

 

毛細血管を若返らせる食べ物

ケイヒエキス(シナモン)
シナモンは漢方薬としても使われています。血流改善に効果があることが古くから知られてきました。

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)