食後高脂血症|たけしのみんなの家庭の医学

ABC朝日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で食後高脂血症について放送されました。健康診断では中性脂肪やコレステロール、血糖や血圧などの数値に異常がなければ動脈硬化はそれほど進んでいないと考えるのが常識でした。しかし、こうした通常の健康診断では発見できない隠れた異常を持っている人がかなりの数存在することが判明。最近問題になっていると言います。それは食後にだけ増加する中性脂肪。その名も食後高脂血症です。

私たちが食事をすると脂肪分が小腸から吸収され、その後中性脂肪へと変化。血液にのって全身へと運ばれます。つまり、食後は誰しも中性脂肪が多少は上昇するものです。しかし、中性脂肪が増え始めるとただちにそれを分解する物質が分泌されます。それがリポ蛋白リパーゼと呼ばれる酵素。健康な人の場合、食後に中性脂肪が増えてもリポ蛋白リパーゼが速やかにそれを分解。そのため食事で上がった中性脂肪の数値も基準値を超えることなく、すぐに元に戻ります。ところが、何らかの原因でリポ蛋白リパーゼの働きが弱まると、食後の中性脂肪の分解が追い付かずぐんぐん上昇。基準値を超えてしまうのです。さらに、上がった中性脂肪が下がりきらないうちに次の食事を摂ると、そこから再び数値が上昇。つまり1日中、中性脂肪が高い状態が続いてしまうのです。ではなぜ、通常の健康診断では分からないのでしょうか?

通常の健康診断の場合、前日の夕食以降は何も食べずに翌朝血液をとるため、寝ている間に中性脂肪が正常値に戻ってしまうのです。

1日中、中性脂肪が高い状態が続くことで血管の壁が傷つけられたり悪玉コレステロールが血管壁にプラークを作りやすくなり、動脈硬化が進行してしまうと考えられるのです。

 

昔より太った人は要注意

昔に比べて太った人は、食後高脂血症を招きやすい危険な人です。昔に比べて太った人は内臓脂肪がついている可能性が高いです。内臓脂肪が溜まっている人は中性脂肪が分解されにくいのです。

 

食後高脂血症の改善法

脂物を控える+運動
しかし、もっと簡単に食後高脂血症を改善できる方法があると言います。

1、水溶性の食物繊維から先に食べる
納豆、オクラ、なめこ、なめたけ、のり、わかめ、昆布、寒天、大根、ニンジン、ごぼうなどに多く含まれています。水溶性食物繊維は腸で消化されるとゲル状に変化。腸の内壁に付着し脂肪分などの吸収を抑える効果があるのに加え、中性脂肪を分解する酵素の働きを良くするとも言われています。そのため最初に食べておけば食後の中性脂肪の急上昇を抑えることができると言うのです。

2、食後30分から1時間の間に10分のウォーキング
食事で摂った脂肪分が中性脂肪となって血液中に流れ出してくるのが30分~1時間後。そのタイミングにあわせてウォーキングなどの有酸素運動を行えば、わずか10分でも効果的に食後の中性脂肪の量を下げることができると言います。