大腸がんの死亡率が日本一低い愛媛県|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で大腸がん攻略日本一!愛媛に学ぶ快調生活のススメが放送されました。愛媛県は大腸がんの死亡率が日本一低いです。動物性脂肪を摂りすぎると、腸内での消化を助けるため胆汁が大量に分泌されます。その胆汁が腸内細菌と結びつくことで大腸がんの原因になると考えられています。愛媛県民も動物性脂肪も普通に食べていますが、魚や野菜もしっかり摂っています。大事なのは腸内環境を整えることです。大腸の健康を保つヒントは柑橘類をはじめ愛媛の名産4つが考えられると言います。

 

柑橘類

愛媛県は柑橘類の生産量日本一。柑橘類には食物繊維が豊富に含まれていて腸内環境を整える働きがあります。

 

タイ

愛媛県はタイの要職生産量日本一。専用の売り場が作られるほど愛媛では親しまれている魚なのです。タイなどの魚の中にはEPAが豊富に含まれています。EPAは腸管の粘膜を修復したり炎症を抑えたりする働きがあります。さらにタイに含まれるビタミンB6は大腸がんのリスクを低下させるという研究結果もあります。

 

はだか麦

愛媛県ははだか麦の生産量日本一です。大麦は皮麦とはだか麦に分類され、それぞれの特製に合わせて加工されますが、はだか麦はほとんどが麦味噌に使われています。はだか麦には水溶性食物繊維ベータグルカンが豊富なため腸内環境を整える働きが。さらにベータグルカンは免疫力アップ、コレステロールを下げるというデータも出ています。

 

タオル(今治タオル体操)

タオル生産で有名な今治で16年前に始まりました。健康増進の目的で地元の民謡「木山音頭」に合わせて作られました。