ダイエットの新常識 らっきょうとオートミール|これがカラダの新常識 若さと美のヒミツ

NHK総合テレビの「これがカラダの新常識 若さと美のヒミツ」でダイエットの新常識について放送されました。

 

いくら食べても太らない女性

三宅智子さんは身長152cm、体重42kgと小柄ですが、毎日7000キロカロリーを平らげると言います。食事は1日1回、夜にまとめて摂っています。なぜ三宅さんは太らないのでしょうか?専門家にとっても不思議なことだと言います。残念ながら、まだ多くは謎のままです。しかし、太らない秘密の一つは腸内で見つかりました。

 

ダイエットの鍵を握るのは腸内細菌

三宅さんを太らなくしている秘密は腸内細菌です。私たちの腸の中には数百種にものぼる腸内細菌がすんでいます。その数は約100兆個。この腸内細菌の中に人を太らせない細菌がいることが最近の研究から分かってきました。それはビフィズス菌とバクテロイデスという菌です。三宅さんの腸内細菌はこの痩せ菌の割合が特別に多いことが判明したのです。

腸内細菌は人間が食べたものをエサにして様々な物質を放出しています。その中で痩せ菌が出すのが短鎖脂肪酸。腸内で作られた短鎖脂肪酸は血管を通り全身の脂肪細胞へと届けられます。短鎖脂肪酸があると脂肪の取り込みとブロック。このおかげで細胞は巨大化せず肥満を防いでくれるのです。

 

ヤセ菌を増やすには正しいエサが必要

ヤセ菌を増やすのにオススメなエサはらっきょうとオートミール(えん麦)。ヤセ菌を増やすには水溶性食物繊維が大切です。水溶性食物繊維が多く含まれるのは、ひじき・のり・らっきょう・ごぼう・納豆・オートミール・切り干し大根など。

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)