片頭痛が消える?驚きの心臓手術|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で片頭痛が消える?驚きの心臓手術について放送されました。片頭痛とは脈打つように痛む発作性の頭痛で、1ヶ月に1~2回の頻度で起こり3日間以上痛みが続くこともあります。10人に1人が片頭痛持ちと言われていますが、決定的な治療法はありません。投薬で予防・鎮痛するのが一般的ですが、自分に合った治療や薬を求め病院を転々とする人も多いです。

 

実は人間は誰しも胎児の時には心臓内部に卵円孔(らんえんこう)と呼ばれる小さな穴があります。出生後に自然に閉じますが、約5人に1人の確率で開いたままの人がいます。ほとんどの場合、生活に支障はありませんがごくまれに開いていることで体力低下の原因となり、また血の塊を通してしまうため脳梗塞のリスクが高くなります。この穴を塞ぐことで片頭痛が改善することがあります。

 

片頭痛の引き金になっているのが血中の神経伝達物質セロトニンなど。身体を巡ってきたセロトニンが卵円孔を通過して脳へ。セロトニンに反応した脳が痛みが感じてしまうのです。つまり卵円孔を塞げば痛みは治まるのです。

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)