ドライノーズ&冬脱水&乾燥対策レシピ|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で実は恐ろしい冬の乾燥について放送されました。

 

ドライマウス

ドライマウスになると口臭がきつくなったり悪化すると舌がひび割れ痛みが生じることも。さらに死に繋がる危険もあります。ドライマウスになると口の中の雑菌が増え、それが肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎に。肺炎の原因にもなるドライマウスの患者は空気が乾燥する冬に増えます。口が乾いて話しにくい、口の中がネバネバするなどの症状が3ヶ月以上続く場合はドライマウスの可能性があります。

 

ドライノーズ

ドライノーズとは鼻の痛みや鼻血が出るなどの症状が現れる病気。鼻は潤っていれば細菌やウイルスをブロックしてくれますが、ドライノーズになるとウイルスや細菌が体の中に入りやすくなってしまいます。

 

ドライノーズかチェック!

1、鼻にムズムズ感や異物感がある
2、鼻をかんでも何も出ない
3、鼻をかむと血が混じる

1つでも当てはまるとドライノーズの可能性があります。

 

ドライノーズ対策

小さじ1の塩を500ccの水に溶かし、顔の前で霧吹きをして鼻から吸い込む

 

冬脱水対策

1、起床時&就寝時にコップ1杯の水を飲む
2、加湿器で湿度50%以上を保つ

 

群馬の潤い肌の秘訣

こんにゃく芋には皮膚を乾燥から守るセラミドが豊富に含まれています。セラミドとは角質細胞の隙間を埋める脂質の一種で、肌の水分を閉じ込め紫外線など外からの刺激から肌を守るバリアの役割を果たしています。しかしセラミドが不足すると細胞の水分が抜け外からの刺激を受けやすくなり乾燥肌に。しかしセラミドが豊富なのは生芋こんにゃくだけ、市販のこんにゃくにはほとんど入っていません。市販のこんにゃくは芋を粉にする過程でセラミドがなくなってしまうのです。そこでオススメなのがジャガイモの皮。皮つきのジャガイモ1日1個でセラミドを効果的に補うことができると言います。

 

皮付きジャガイモのおすすめ料理(ジャガイモとサーモンの包み焼き)

1、千切りしたジャガイモ(2個)を塩(小2分の1強)パルメザンチーズ(大2)と和える
2、油をひいたフライパンに半量をまんべんなく入れる
3、上に塩こしょうをしたサーモンを並べる
4、残りのジャガイモでサーモンをサンドする
5、両面を弱火でこんがり焼いたら出来上がり