海洋酸性化 温暖化の新たな危機|サイエンスZERO

NHK・Eテレの「サイエンスZERO(サイエンスゼロ)」で温暖化の新たな危機!海洋酸性化について放送されました。今、浮上している新たな問題が海の二酸化炭素問題です。実はこれまで排出された二酸化炭素の多くは海が吸収してくれていました。ところが今後、海に吸収される割合が減っていく可能性があるというのです。さらに二酸化炭素を吸収してきたことで進行しているのが海洋酸性化の問題です。酸性化が進むと海の生態系に大きな影響を及ぼすことが明らかになってきました。人類が排出する二酸化炭素の受け皿となってきた海に今何が起きているのでしょうか?

 

海の熱吸収機能に異変!?

2015年9月、イギリスの気象庁が衝撃的なリポートを発表しました。ここ10年あまり安定していた気温が再び上昇傾向に変わり地球温暖化が急速に進む可能性を示したのです。実は地球上では温暖化が進んでいるとされながら気温に変化が現れない期間が続いていました。ところが2年前から突然上昇傾向に転じたのです。なぜこうした変化が起きているのでしょうか?原因の一つとしては2014年夏から続いている大規模なエルニーニョ現象があります。エルニーニョ現象とは太平洋の赤道付近で海面水温が平年より高くなる現象です。この現象は1年程続き気温が上昇することが知られています。ところが今回の気温上昇にはさらに大きな海の変化が関わっていると考えられるのです。それが太平洋で10年周期で起こる海面水温の変動です。この現象と「太平洋十年規模振動(PDO)」と言います。これまでの観測から最近のようなパターンになった時に気温が上昇傾向になることが知られているのです。海面水温のパターンが気温上昇に影響するのはなぜなのでしょうか?またメカニズムは解明されていませんが2000年から2012年までのようなパターンの時は大気の熱が海に取り込まれる傾向が強くなることが分かっています。このおかげで10年余りの間、気温上昇が抑えられていたと考えられています。海への熱の吸収が弱まり海面水温が上がれば連動して気温も上昇します。今の状況が続けば世界の平均気温は今後も最高の値を更新し続けると考えられています。

 

海洋に二酸化炭素が溶け込むことで海洋の酸性化といった問題が今起こっています。海洋の酸性化とは一体どんな現象なのでしょうか?二酸化炭素は水と反応し炭酸になります。さらに炭酸は水素イオンと炭酸水素イオンに分かれます。つまり二酸化炭素が海に溶ければ溶けるほど水素イオンが増えます。これが海洋の酸性化と呼ばれる現象です。さらに酸性化が進むと地球温暖化に大きな影響を及ぼす可能性があると言います。二酸化炭素が海に溶け水と反応して炭酸水素イオンや水素イオンが増え続けると徐々にこの反応が起きにくくなります。そのため大気中に残る二酸化炭素が増えるというのです。

 

海洋酸性化で海の生物に異変

海が酸性化することで深刻な影響を受けるのがさんごです。酸性化の影響で将来、サンゴが生息できなくなるかもしれないというのです。珊瑚は海の中にあるカルシウムイオンと炭酸イオンが反応して出来る炭酸カルシウムで骨格を作っています。しかし海に二酸化炭素が溶け込むと、その一部が炭酸イオンと反応し炭酸水素イオンに変わっていきます。そのため炭酸イオンが減っていきサンゴの骨格になる炭酸カルシウムが作られにくくなってしまうのです。

 

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)