外反母趾&巻き爪の予防改善|駆け込みドクター!

TBSテレビの「駆け込みドクター!」手足のトラブル大解決SPで外反母趾と巻き爪の予防改善について放送されました。

 

外反母趾

親指の付け根が飛び出し小指側に曲がっていく病気。外反母趾の大きな原因は運動しないことで、筋肉のバランスが崩れ足の立体的構造が壊れてくること。本来、足は筋肉によってアーチ状になっていて、これがクッションの役割をになっています。しかし運動不足で筋肉が衰えるとアーチが崩れ、それにともない親指が曲がってしまうのです。また足に合わない靴を履くと外反母趾をより悪化させてしまいます。外反母趾は早めに処置し進行を遅らせることが大切です。重要なのは足の筋肉をつけること。足の裏で空き缶を往復20回ほど回し続けると筋力アップに効果的です。

 

巻き爪

爪が巻いたように変形してしまうこと。足の爪はもともと巻くように出来ていますが、歩くことで圧力がかかり平らになります。しかし運動不足だと力が加わらないため爪が曲がってしまうのです。巻き爪の治療は爪にワイヤーをさして広げるというものが一般的ですが、簡単な治療法が誕生しました。それはマチクリップを爪にはめるという治療法。毎日つければ約2ヶ月で症状が改善されると言います。

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)