イースター島 モアイ像の謎に迫る|地球ドラマチック

NHK総合テレビの「地球ドラマチック」でイースター島 モアイ像の謎に迫るが放送されました。モアイは南米チリから西へ3700kmのイースター島にあります。誰が何のために作ったのでしょうか?

 

カギを握る盗まれた友

イースター島の巨大な石造モアイは長い間多くの謎に包まれてきました。海に隔たれた島は長い間孤立していました。考古学者による調査が本格化したのは、この数十年のことです。考古学者たちは様々な証拠から島の歴史を明らかにしようとしています。モアイはかつて神として崇められていました。しかしその後、この信仰を打ち砕くような何かが起きました。一部は復元されていますが巨大な石造のほとんどは島のいたる所で倒壊したままになっています。未完のまま放置されたものもあります。しかし、一つだけ最後まで倒壊することなく大切にされたモアイがありました。このモアイが謎を解く鍵を握っていると考えられています。このモアイはイースター島から運び出され島にはありません。ロンドンの大英博物館にあります。このモアイは「ホアハカナナイア(盗まれた友)」と言われています。ホアハカナナイアの背中には一面に鳥の姿をかたどったような彫刻がほどこされています。イースター島の他のモアイには同じような彫刻はみられません。

 

絶海の孤島 イースター島

イースター島は太平洋に浮かぶ火山島です。南米大陸から遠く離れ周りは海に取り囲まれています。面積は約160平方キロメートルで、現在は約6000人が住んでいます。最初に島に住み着いた人々がいつ、どこからやってきたのか確かな証拠は見つかっていません。海に阻まれたイースター島は、その存在自体が18世紀になるまでほとんど知られていませんでした。西洋人が初めて島にやってきたのは1722年のことでした。1722年のイースター(復活祭)の日に島に到着したオランダ人探検家ヤーコプ・ロッヘフェーンはその日にちなみ島をイースター島と名づけました。

「彼らが望めばイースター島は地上の楽園ともなりうるだろう。槍も棍棒も持っていない。彼らは平和的な人々だった」(ヤーコプ・ロッヘフェーンの日誌より)

その後、100年に渡って多くの探険家が島を訪れました。1774年にはイギリスの探検家ジェームズ・クックが上陸。巨大な石造の噂はヨーロッパ中に広まりました。しかし、19世紀半ばにはイースター島はもはや楽園ではなくなっていました。奴隷商人の標的となったからです。島の人々は船の到来を恐れるようになりました。1862年にペルーからやってきた奴隷商人たちは島の人々を容赦なく何百人も拉致したのです。

 

立っていた唯一のモアイ

1868年にはイギリス海軍の船がやってきましたが奴隷探しのためではありませんでした。付近の調査に訪れた海軍の士官や乗組員たちはイースター島の巨大な石造に興味を抱きました。行く先々には多くの石造が倒れたまま放置されていましたが、彼らは無傷のまま今も崇められている石造があるという噂を耳にしました。それは他のものとは異なり石室の中に隠されていました。士官たちが石室に入るとそこには地中に半分埋もれた石造がありました。石造は赤と白で鮮やかに色取られていました、当時も人々に崇められていました。しかし、イギリスの仕官たちは自分たちが目にしているものを全く理解していませんでした。

 

目撃された儀式

現在、大英博物館にあるホアハカナナイアはイースター島の人々の信仰において特別な役割を果たしていたと考えられています。儀式の様子に触れた記録が一つだけ残っています。今から約300年前、イースター島を発見したヤーコプ・ロッヘフェーンが記したものです。そこには「人々は石造の前で火をたき跪いて頭を垂れた」と書かれています。ロッヘフェーンには彼らが何を話しているかは分かりませんでしたが、神に祈りをささげているのだと考えました。後の探検家の中で、このような儀式に触れているものは誰もいません。島の人々も記録を一切書き残していません。さらに伝承を途絶えさせる悲劇が島を襲いました。

 

奪われた歴史

19世紀半ば以降、イースター島は奴隷商人の狩場と化していました。奴隷商人は人々を拉致し、チリやペルーに連れ去りました。1862年の大略奪ではイースター島の現在の王様の祖先も連れ去られました。真っ先に捕らえられたのが王とその息子、そして地域集団の長、祭司たちでした。知識階級が根こそぎ連れ去れたのです。彼らと共に島のしきたりに関する多くの知識も失われました。しかし、太平洋の他の島々には同じような宗教儀式が残されています。

 

生者と死者をつなぐもの

島にある1000体を超えるモアイ像の意味が明らかになりつつあります。3~4世代ごとに新しい像が作られました。生者は死者を忘れ、使者は生者を忘れるからです。そのため島の人たちは3~4世代ごとに身近な先祖を神格化したのです。モアイは死者を崇め、死者からの助けをあおぐために必要とされました。イースター島の人たちは島が全世界だと思っていました。モアイは未知の外界から自分たちを守る防壁として島の内側を向き、海岸線にそって並べられました。モアイは死者の世界である海と生者の世界である陸地の境界に立っていました。島の言葉で干潮を意味するタイパバグは死者のうしおという意味です。人々は膨大な時間と労力をかけてモアイを作りました。地域社会にとって重要な存在だったからに違いありません。モアイが作られた当時、イースター島の人々は石器しか持っていませんでした。モアイを一体作るのに2年はかかったと考えられています。

 

新発見 モアイの目

島の人々は石造をモアイと呼びます。研究者たちが島の言葉を詳しく調べると驚くべき発見がありました。モアイは単に像を意味し祭壇に立つ石造はアリンガオラ(命ある顔)と呼ばれました。様々な遺跡からサンゴなどが見つかっていましたが、それが何を意味するのか長い間分かっていませんでしたが、ほぼ完全な形で見つかったものからそれは目の形であることが分かりました。儀式のさいに目を石造にはめたのです。そうすることで先祖の魂が宿り石造は生きる者となりました。

 

失われた色

崇拝されていた頃のモアイは着色されていたことも分かっています。現在ロンドンにあるホアハカナナイアもイースター島から運びだされた時には赤く彩られていたころが分かっていますが、その色は今は消え去っています。

 

ホアハカナナイア 盗まれた友

ホアハカナナイアとは「盗まれた友」を意味します。島の人々にとってこの名前は抗議するための唯一の手段でした。ホアハカナナイアが持ち去られたことで立った状態のモアイはイースター島に一つも無くなりました。

 

津波で倒された!?

なぜ全てのモアイが倒れていたのかは大きな謎です。モアイが倒れていた理由について研究者の意見は割れています。考古学者のエドムンド・エドワーズは、1960年に起きたチリ地震津波を根拠に巨大津波説をとなえ証拠を集めています。マグニチュード9.5を記録したチリ地震は観測された中で史上最大の地震です。津波は海岸沿いに立ち並ぶモアイを直撃しました。エドワーズは津波による惨状を実際に見ています。エドワーズは歴史上の地震記録を調査し16世紀後半にも同じような災害が起きていたことを発見しました。確かに地震と津波はモアイが倒れた一つの要因を考えられます。しかし、海岸周辺のモアイの中には津波による傷がないのに倒れているものもあります。また、海から遠く離れた場所にあるモアイも倒れていました。

 

人口過密で社会が崩壊?

研究者たちは島の歴史からモアイが倒れている原因を探ろうとしています。島の歴史に関しては2つの相容れない説があります。一つ目は島の人口が増えすぎたことで人々が自然を破壊し、自ら社会の崩壊を招いたという説です。この説をとなえる研究者たちはイースター島に人が住み始めたのは約2000年前で、最初は50人~100人ほどだったと言います。人口が過剰に増えたことで自然が破壊されていったと考えています。やがて食糧不足から平和だった島に戦いが勃発。この説によれば人々は地域ごとに派閥を結成し、互いに敵対するようになりました。研究者たちはモアイが攻撃の対象となり倒されたと推測します。しかし、この説に異議がとなえられています。

 

原因は気候変動?

島を初めて訪れた西洋人ロッヘフェーンが見たのは崩壊状態に陥っているような文明ではありませんでした。ロッヘフェーンが日誌に記したのは争いのない社会でした。しかし、かつて肥沃だった島から樹木が消えたのは事実です。二つ目の説をとなえる研究者たちは島は気候変動によって荒廃したと指摘します。1456年からの大干ばつによって、島の樹木の多くが枯れました。さらに1575年には地震による津波が島を襲いました。そして1722年、ロッヘフェーンはモアイ崇拝の儀式を目撃した最初で最後の西洋人となりました。

 

失われゆくモアイ信仰

島は苦境に陥っていました。人々がモアイの力は失われてしまったと考えたとしても不思議ではありません。故意に倒されたモアイもあれば自然と崩れ落ちたモアイもあったかもしれません。いずれもその場に打ち捨てられました。人口過密による社会崩壊説と気候変動による衰退説は今なお激しい論争を繰り広げています。しかし、ある一点において考古学者たちの考えは一致しています。長いモアイ崇拝の後に人々が異なる信仰を求めるようになったという点です。

 

新たな信仰の誕生

人々は厳しさを増す日々の支えとなる信仰を求めました。16世紀以降、新たな信仰が根をおろし始めたことが分かっています。19世紀に島の人々の証言が集められました。証言によると島の人々は争うことなく年に1度集まり、島全体を統治する一人の生き神を選びました。生き神は「鳥人」と呼ばれ一年間島を統治しました。それまで崇拝されてきたモアイは、もはや必要とされませんでした。しかし、一体だけなお中心的な役割を果たしたモアイがありました。イギリス海軍によって持ち出されたホアハカナナイアです。

 

鳥人信仰のシンボルに

ホアハカナナイアは古い信仰から新しい信仰への橋渡しをしていたと考えられます。ホアハカナナイアの背中には複数の鳥人が描かれています。これは特別なことです。他のモアイにも首や背中に彫刻が施されていますが、鳥人が描かれたものはありません。モアイ信仰と鳥人信仰を繋ぐ存在だという事です。研究者たちはホアハカナナイアの分析を進めています。

 

命がけの鳥人レース

イースター島の人たちは生き神である鳥人を選ぶために年に一度過酷なレースを行いました。舞台となったのは島の南西部にある聖なる村オロンゴ。村からは海鳥の繁殖地の小さな島が見えます。レースは海鳥の到来とともに始まりました。出場するのは各地域集団から選ばれた若者たち。誰が一番早く小島から海鳥の卵を持ち帰るかを競いました。勝利した若者が属する集団の長がその後1年間鳥人となり島をおさめました。

 

明かされる背中の秘密

鳥人信仰において重要な役割を果たしていたのがホアハカナナイアです。村の断崖のすぐそばにホアハカナナイアが立っていた石室があります。ホアハカナナイアは鳥人信仰の象徴が掘られた唯一のモアイです。これまでホアハカナナイアの背中には2羽の鳥がほぼ左右対称に掘られていると解釈されてきました。しかし、最新の画像分析からそれが間違いであり、重要なシンボルが見逃されていたことが分かりました。左右のくちばしに微妙な違いがあったのです。丸いくちばしの鳥はメスかもしれません。つまり、つがいです。そして2羽の間には巣立ったばかりのひな鳥がいます。鳥人信仰は新たな命、新たな季節を象徴していたのです。この解釈が正しければ鳥人信仰は単に指導者を選ぶ以外に、豊かさや新たな始まりを象徴していたことになります。最初の卵が届けられた時、新たな年が幕をあけたのです。人々にとってそれは希望の印でした。

 

ホアハカナナイアの真実

ホアハカナナイアは今、年に600万人もが訪れる大英博物館に収蔵されています。イースター島にはホアハカナナイアの返還を求める人々がいます。

「ホアハカナナイアはイギリスに奪われました。私は大英博物館に祖先を返してくれるよう手紙を書きました。ホアハカナナイアはイギリスではなくイースター島にあるべきです」(イースター島の王ヴァレンティノ・リロロコ・トゥキさん)

ホアハカナナイアは文字を持たなかったイースター島の人々によって刻まれた歴史の証人であり、人々がどのように祖先をしのび未来に目を向けるようになったかを記した信仰の記録です。そして人々がどう逆境に立ち向かい新たな未来を切り開くため平和に暮らす術をどう勝ち得たのか、その全てを物語っているのです。

 

TREASURES DECODED EASTER ISLAND HEADS
(イギリス/カナダ 2014年)

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)