腸内フローラと食物繊維|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」で腸を整えて万病予防!が放送されました。

 

腸内環境セルフチェック

1、お腹が張る・便秘気味だ
2、おならがクサイ
3、野菜より肉食だ
4、運動不足である
5、40歳以上である

3つ以上当てはまると腸内環境が悪化している可能性があります。

 

腸内フローラとは?

腸内フローラとは腸内細菌の集合体のこと。腸内にいる大量の細菌がお花畑のように腸の壁面を覆っていることから腸内フローラと例えられました。腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、中立菌の3種類に分類できます。善玉菌は腸内を酸性に保ち悪玉菌が住みづらい環境を作ります。悪玉菌は腸に溜まった食べカスが腐敗すると増加。そして善にも悪にもなりうる中立菌がいます。

 

腸内細菌バランス改善には食物繊維

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。不溶性食物繊維は水に溶けることがなく消化・吸収されないので便の材料となりかさを増やす役割があります。一方、水溶性食物繊維は水に溶けドロドロになるため便を柔らかくし滑りをよくします。これらの特性を知らず不溶性ばかり食べてしまうと腸内バランスが崩れ便秘も重症化するという悪循環に。