現代病ランキング ストレートネック&身体醜形障害&睡眠関連摂食障害|ホンマでっかTV

フジテレビの「ホンマでっかTV」で近年急増する現代病ランキングが放送されました。紹介していたのは統合医療評論家の亀井眞樹さん。

 

3位:ストレートネック

ストレートネックとは本来は前方にわん曲している首の骨が「真っ直ぐ」になってしまうもの。首は様々な神経や血管が通る場所です。ここに障害が起こると全身に影響が出てしまうのです。ストレートネックの主な原因は姿勢です。近年のパソコンの長時間使用による姿勢の悪化が大きな原因になっています。ストレートナックになると首の痛み、肩こり、頭痛、耳鳴り、手の痺れ感・麻痺、吐き気などの症状が出ることも。

 

[首周りの緊張をほぐす方法]
1、万歳をする
2、右腕を前回し&左腕を後ろ回し(1分間)
3、逆回しでも1分間

 

[簡単に姿勢を正す方法]
1、片足を上げる
2、腕を開く様に両腕を外側に広げる
3、その状態のまま手足をおろす

 

2位:身体醜形障害

身体醜形障害とは「自分は醜い」と病的に思い込み外出できなくなるなど社会生活に支障をきたす病です。自分の容姿に点数をつける時、自分にマイナス点をつける人は身体醜形障害の可能性があります。近年、身体醜形障害が増えてきた原因は自撮りやSNSの投稿の増加だと言われています。ロンドンの研究では身体醜形障害の患者の3人に2人は脅迫的にSNSに自撮り写真を投稿しているそうです。身体醜形障害になると自撮りの際に容姿の欠点が写らないよう何時間も撮り続けたり、サングラスをかけないと外出できなくなったり、「生え際がおかしくて学校に行けない」と生え際を手術するようになったりすると言います。身体醜形障害で悩むパーツは1位が頭髪、2位が鼻・肌、3位が目だそうです。

 

[身体醜形障害になりやすい人の傾向]
・多感な15~19歳の年代
・薄毛やメタボが気になる30代男性
・実は「容姿が良い」レベルの人

 

1位:睡眠関連摂食障害

睡眠関連摂食障害とは睡眠中に無意識に起きて過剰に食べたり飲んだりする病です。睡眠関連摂食障害の原因は無理なダイエットや生活リズムの乱れ、寝不足など。睡眠関連摂食障害は女性に多く、男性の6~8倍のリスクがあると言います。