正しい筋トレのやり方~腕立て伏せ&腹筋&スクワット~|健康カプセル!ゲンキの時間

TBSテレビの「健康カプセル!ゲンキの時間」でムダを省いて効率アップ!運動の常識・非常識が放送されました。毎日運動していても効率が悪く無駄になっている人は多くいます。しかも間違った運動をしていると体を痛めたり満足いく効果が得られず3日坊主の原因になってしまいます。

 

正しい筋トレのやり方

何十回もできてしまうような筋トレは満足感は得られますが、鍛えるべき筋肉に十分に負荷が伝わっていないためムダだらけです。効率が良いのは10回で限界を迎える筋トレです。

正しい腕立て伏せのやり方

1、手の幅は肩幅より手のひら1つ分外に指先は外側に向ける
2、床と身体が触れるくらい上体を10回沈める
3、背中が一直線になるように注意

 

正しい腹筋のやり方

1、手は胸の前に置きあごを引きおへそを見る
2、背中を丸めるイメージで息を吐きながら上体を起こす
3、腰痛予防のため膝は90度に立てる

 

正しいスクワットのやり方

1、手を腰に当て足を肩幅に開く
2、お尻から下がる(上体を少し前傾させ背中とふくらはぎが平行になるイメージを持つ)
3、膝の角度が90度になるまで腰を落とす
4、膝は伸ばしきらず曲げたままキープ(筋肉を休ませず負荷をかけ続けましょう)