気象病の防ぎ方|世界一受けたい授業

日本テレビの「世界一受けたい授業」で気象病について放送されました。紹介していたのは名古屋大学の佐藤純さん。春は高気圧と低気圧が交互にやってくる一年で最も気候が不安定な季節です。雨が降るとなぜか古傷の痛みや頭痛に悩まされる人も多いです。慢性的な痛みは低気圧の接近、前線通過など気圧の変化に大きく影響されます。気圧の変化を感知するのは耳の奥の内耳にあるセンサー細胞(有毛細胞)です。有毛細胞が気圧の変化を感知すると内耳と脳を繋ぐ前庭神経に混乱をきたし、その情報が脳から全身に伝わります。怪我をしていない部分は影響を受けませんが、過去に怪我などをした部分があると患部の痛覚神経を刺激して痛みが発生するのです。ただし有毛細胞の感受性には個人差があります。気象病の人は有毛細胞の感受性が敏感になっているのです。

 

天気が悪化させる意外な病気

・めまい
メニエール病は耳の中のリンパの腫れなどが主な原因ですが、気圧が下がることでも発症しやすくなります。特に春先は急な温度の変化で自律神経が乱れ内耳への血流が低下してめまいを起こしがちです。

 

・ぜんそく
気圧の低下に加えて前日より3℃以上気温が下がるとぜんそくの発作が生じやすくなることが統計的に分かっています。

 

・心臓発作、脳出血
気圧が下がると血圧と脈拍が上昇するため心臓や血管に負担がかかってしまいます。

 

・うつ病
雨の日はうつ病の発症が増える傾向があります。さらに降水量が増えると自殺の発生率も増加します。

 

・急性虫垂炎(盲腸)
高気圧に覆われた晴れの日はある特定の白血球が増加して、盲腸を引き起こすことが多いというデータがあります。

 

気象病の予防

・天気予報を見る
天気予報を見ることで痛み出すタイミングやどの程度痛みが続くのかを知ることができます。これによりストレスが減り痛みの緩和に繋がるのです。

 

・酔い止め薬
乗り物酔いの原因も内耳と脳をつなぐ前庭神経の混乱です。これは気象病の発症の仕組みと似ています。抗ヒスタミン剤が含まれる酔い止め薬は前庭神経を鎮める効果があるので頭痛やめまいなどの気象病予防には効果が期待できます。

 

・腕のツボを押す
手首のしわから指3本ひじの方にあるのが内関(ないかん)というツボ。