干しこる豆 栄養凝縮納豆|主治医が見つかる診療所

テレビ東京の「主治医が見つかる診療所」健康寿命を延ばす日本のすごい食材で栄養凝縮納豆について放送されました。大豆を使った発酵食品である納豆は食物繊維を豊富に含み整腸作用があると言われ、今では誰もが認める健康食材の代表格です。その健康効果のポイントとなっているのがナットウキナーゼ。ナットウキナーゼとは納豆に含まれる酵素の一種で、血栓を溶かす作用があると言われています。t-PAとは脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓を溶かす薬品ですが、ナットウキナーゼにはt-PAを体内で作る働きを高める効果があることも分かってきました。つまりナットウキナーゼはそれ自体が血栓を溶かす力を持ち、さらに体内で作られるt-PAを増やす働きもあるため脳梗塞や心筋梗塞の予防に効果があると期待されています。携帯や保存にも便利な納豆が干しこる豆。熊本県古来の伝統の納豆です。