疲労回復ストレッチ|モーニングバード!

テレビ朝日の「モーニングバード!」アカデミヨシズミで疲れの新事実!運動をすると疲れが取れる!が放送されました。そもそも疲れとは「体を休ませろ」という脳からのサインです。激しい運動や長時間の作業が続くと体の細胞は傷ついていきます。すると傷ついた細胞から脳に信号が送られ、脳は疲れを感じます。疲れの見張り番こと脳の眼窩前頭前野は疲れを感じると活性化し、脳全体に休むように指令を出します。すると脳の中心にある自律神経の活動に変化が生じバランスを崩すため脈拍や心拍などが乱れてきます。疲れを取るには体をリラックスさせる働きを持つ副交感神経を高めてあげることが大切です。副交感神経を高めるのにオススメなのがストレッチです。

 

疲労回復ストレッチ

1、椅子に座り膝と足先を開く
2、両手をうしろに大きく広げる(20秒間キープ)
3、膝と足先を閉じる
4、背中を丸める(20秒間キープ)

 

1、椅子に軽くもたれて座る
2、片足を上げつま先を体に引き寄せる(5秒間キープ)
3、反対の足も同様に行う
4、左右交互に10回ずつ行う

 

1、椅子に座り左手を頭の後ろに右手を腰の後ろに(5秒間キープ)
2、そのまま体を右に倒す(5秒間キープ)
3、手の逆にして同様に行う
4、左右交互に10回ずつ行う