美肌県グランプリ最下位の群馬県|秘密のケンミンSHOW

日本テレビの「秘密のケンミンSHOW」で美肌県グランプリ最下位の群馬県民の真実について放送されました。女性の肌の美しさをランキングした日本美肌県グランプリで群馬県が2年連続の最下位。同じ北関東のライバル栃木県にも僅差で敗れました。しかし群馬といえば草津温泉や伊香保温泉など数々の名湯を有する日本屈指の温泉王国です。一体群馬県民の肌に何が起こっているのでしょうか?

 

気象庁のデータを調べてみると群馬県の平均湿度は60%で日本一低くカラカラ。さらに紫外線を浴びる日照時間も全国で2番目に高い2344.1時間。まさにサハラ砂漠状態なのです。またからっ風の影響もあります。からっ風とは冬に日本海側に雪を降らせた後、水分が蒸発し乾燥した風が山を越え強風となって太平洋側に吹き下ろす現象のこと。関東平野が広がり遮るものが一切ない群馬県では冷たく乾燥したからっ風が直撃。冬から春先にかけて約4ヶ月間にも渡り群馬県民の肌に否応なく襲い掛かるのです。さらに静電気もすごいと言います。静電気発生回数の全国調査によると群馬県は全国2位です。