石川セリの本当の父|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で石川セリさんの本当の父親について放送されました。歌手の石川セリ(いしかわせり)さんは18歳でモデルデビュー。その後、歌唱力が認められ1977年「ダンスはうまく踊れない」が大ヒット。夫は歌手の井上陽水(いのうえようすい)さんです。2人の間には3人の子供が誕生。現在は井上陽水さんの妻として福岡県でラジオ番組を持つものの結婚後はテレビにはあまり出演せずセレブな結婚生活を送っていると誰もが思っていました。しかし石川セリさんには長年ひた隠してきた過去がありました。

 

1952年に神奈川県相模原市に生まれた石川セリさんは5人兄弟の長女で、両親に可愛がられ愛情たっぷりに育てられました。しかし幼少期の彼女は「私だけ何かが違う」と思っていたそうです。それは石川セリさんだけが彫が深い外国人風の顔立ちだったからです。実は彼女が生まれた1950年頃、占領下におかれていた日本ではアメリカ人兵士と日本人女性との間に生まれたGIベイビーが急増。当時ハーフの子供たちは言われなき差別を受けるケースもありました。

 

18歳の時、石川セリさんは真実を知りました。それは石川家で長年働いていたお手伝いさんが「1人だけお父さんが違うのに頑張ったね」と言ってきたからでした。祖母に真実を聞くと本当の父親はアメリカ兵だと知らされました。石川セリさんは米軍施設でタイピストとして働いていた母と、そこで知り合った米軍兵士アーサー・ダイアスとの間に生まれました。しかしアーサーにはアメリカに婚約者がいました。そのため石川セリさんと母親を残して日本を去ったのです。そして石川セリさんが6歳になった1958年、母は日本人男性と再婚。まだ物心のついていない石川セリさんは父親のことを隠して育てられました。その後、2人の妹と2人の弟ができ石川家は7人家族に。18歳で初めて知らされた本当の父の存在。どうしても「捨てられた」という現実が理解できなかったと言います。そして石川セリさんは一人で生きることを決意し家を出ました。その後、18歳でモデル業をはじめ、19歳の時に歌手デビュー。がむしゃらに自分の人生を生き、25歳で井上陽水さんと結婚。3人の子宝にも恵まれました。

 

ところが51歳の時、急性大動脈解離になってしまいました。生死の境をさまよう石川セリさんの前に軍服を着たアメリカ人が現れたと言います。この不思議な体験を境に石川セリさんの体は徐々に回復。その日以来、父のことが頭から離れなくなった石川セリさんは父を探し始めました。そして58歳になった石川セリさんは父の居所を突き止めましたが、すでに亡くなっていました。いてもたってもいられなくなった石川セリさんはアメリカへ。アーサーの子供たちは石川セリさんのことを知っていました。アーサーは生前、子供たちにセリさんの話をしていたのです。またアーサーは左腕にセリの名前を彫り、亡くなるまで石川セリさんのことを心配していたと言います。