腸内フローラで太らない体を作る|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で太らない体を作る!腸内フローラについて放送されました。ちょっと食べただけで太る人といくら食べても大して太らない人の違いはどこから生まれるのでしょうか。実は近年、そんな太りやすい身体を作る原因が解き明かされてきました。その謎を解くキーワードは腸内フローラ。フローラとはラテン語でお花畑という意味です。

 

太りやすい身体を作ってしまう原因は腸内細菌のバランスが崩れること。腸内細菌とは腸の中で活動している細菌のことで乳酸菌や大腸菌など。その数は100兆個以上もいると言われています。人が消化できない栄養分を分解して吸収できるようにしてくれたりビタミンやたんぱく質の合成をしてくれる大切な存在です。腸内細菌は大きく3つのグループに分けられます。1つ目はビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌。食物からのエネルギー吸収を適切な量にコントロールしたり腸の蠕動運動を促すなど人にとって良い働きをしてくれる菌です。2つ目は大腸菌などの悪玉菌。食物などを腐敗させたり時にはがんの原因になるなど人に害を与えることが多い細菌です。3つ目は日和見菌。その時の環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなります。これら3つのグループを合わせて1000種類以上の腸内細菌が腸の中に広が手いる様子を表した言葉が腸内フローラです。この腸内フローラの状態が太りやすさに大きく関係しているということが近年の研究で明らかになってきたのです。

 

健康な人の腸内フローラは善玉菌が悪玉菌より多く保たれています。それぞれの菌の割合は善玉2:悪玉1:日和見7が理想です。ところが何らかの原因でそのバランスが崩れ善玉菌が減り悪玉菌の方が多くなってしまうと腸の蠕動運動が悪化。便秘を引き起こすばかりか、エネルギーの吸収が抑えられず体中の細胞内にどんどん過剰に蓄えられてしまうことに。これが太りやすい身体を作る原因になっているのではないかと考えられています。

 

腸内細菌のバランスが崩れる2大原因が加齢と高脂肪食。赤ちゃんの腸内細菌はほとんどが善玉菌です。しかし加齢と共に悪玉菌が増え便も臭くなります。年をとると腸の細胞の新陳代謝が悪化。環境が悪くなるため善玉菌が育ちにくくなるのです。また高脂肪食は悪玉菌が好むエサです。

 

腸内細菌のバランス改善法

・食事
腸内環境に良いと言われる食品だけに偏らず様々な種類の食品を摂る

・食後は安静に過ごす
食事をした後は消化のために多くの血流が腸に集まります。すると腸の動きがよくなり腸内細菌が活性化。運ばれてきた食べ物から栄養をとりはじめます。昼寝の時間は腸内細菌にとってのランチタイム。この時間、安静にしていると腸に血流が行き渡り腸内細菌が元気に育つと考えられます。

・脳と手先を使う複雑な作業をする
腸は脳に次いで神経が集中しており第二の脳とも言われる臓器。複雑な作業で脳が活性化することで腸の動きも活性化。それが腸内細菌のバランスを良くすることにも繋がっている可能性があります。