福祉施設化する刑務所の今|とくダネ!

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免で福祉施設化する刑務所の今について放送されました。今、全国の刑務所で高齢受刑者が急増。その数はここ20年で約5倍に膨れ上がっています。

 

罪を繰り返す高齢者たちの本音

栃木刑務所は全国に10ヶ所ある女子刑務所の中で最大の施設です。現在60歳以上の受刑者は2割超。70代のA受刑者はタクシーの無銭乗車をして、詐欺罪で懲役2年10ヶ月の実刑判決を受けました。執行猶予が付かなかったのは出所して5日目に事件を起こしたからです。A受刑者が刑務所に入るのは8回目。実は高齢者の再犯率は7割以上。しかも5人に1人は2年以内に再び刑務所へ戻っているのです。A受刑者は「刑務所には友達もいるし」と言っていました。貧困と孤立から逃れようと罪を繰り返す負の連鎖が起きているのです。しかし刑務所の費用を負担しているのは国民の税金です。

 

深刻化…男子刑務所内部の現実

黒羽刑務所には特別な収容施設があります。それは病棟。病などを患い一般的な生活が困難な高齢受刑者などが収監される建物です。70代のB受刑者はスーパーで万引きを繰り返し窃盗罪で服役しています。徐々に認知症の兆しが出たため去年9月から病棟に移動しました。3食でる食事は減塩食やきざみ食など受刑者の健康状態に合わせて作られています。朝食後、一般的な受刑者は8時間の刑務作業が義務付けられています。しかし高齢受刑者たちは屋内での簡単な作業のみ(1日6時間)その間にも准看護師の資格を持つ刑務官が巡回。施設内で治療が行えない場合は外部の病院に運ばれます。もちろん費用は国の税金。高齢受刑者の増加により刑務所で使われる医療費も10年前の約2倍に。受刑者には保険が適用されないため国の全額負担となり予算は年間58億円にものぼります。手厚い環境は刑を全うさせ社会に帰すはずのためですが…

 

受刑者の罪の意識はどこへ…

納豆巻きを万引きしたという60代後半のC受刑者は「万引き自体は罪ですよ。罪なんだけれども、みんな悪いことやってんだ。しょうがないってところまで追い込まれるようになっているんだすよ。今の世の中のシステムが」と悪いのは世の中だと言っていました。70代のB受刑者は自分が刑務所にいることも分からない状態です。B受刑者は「休んでいても何も文句を言う人がいないしさ、静かだからいいなぁって。ここにゆっくりしてようって」と口にしていました。社会復帰はおろか罪を自覚することすら難しい現実があります。