小川節子は今…C型肝炎ウイルスから復活|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で小川節子さんの現在について放送されました。1975年、二枚目俳優と女優の極秘出産がスキャンダルとなりました。二枚目俳優とは当時「太陽にほえろ!」などで人気を博した高岡健二(たかおかけんじ)さん。そしてスキャンダルの相手がセクシー女優の小川節子(おがわせつこ)さん。小川節子さんは1970年に日活のセクシー映画女優第一号として芸能界デビュー。清楚な美しさで世の男性を魅了した純和風美女です。小川節子さんは極秘出産をマスコミに書きたてられる中、8ヵ月後に高岡健二さんと結婚。そのまま芸能界から姿を消しました。

 

現在63歳になった小川節子さんは一人で暮らしていると言います。1975年に高岡健二さんと結婚し3人の子供を授かったものの、女性関係の噂が絶えない夫とうまくいかなくなり11年前に離婚。その後、シングルマザーとして子供を育て現在は一人で暮らしています。

 

1991年、小川節子さんは血液検査でC型肝炎ウイルスに感染していることが判明。しかもC型肝炎ウイルスが体内に潜伏して10年が経過していました。原因は輸血でした。娘の出産時に大量出血が起き輸血用の血液製剤が投与され、これが感染原因と考えられました。発見当時、自覚症状はなかったものの肝臓は異常値を記録していました。しかし1991年当時の医学ではウイルスの完全撃退は困難とされ、できることはウイルスの増殖を抑え沈静化させる薬物治療だけでした。ところが2009年、国内でC型肝炎ウイルスの新たな治療法が確立されました。従来のインターフェロン療法では遺伝子のタイプによって効果に個人差がありましたが、遺伝子検査の導入によって一人一人に効果的な治療が可能になったのです。さらにリバビリンという抗ウイルス剤を併用する方法も確立され効果の期待値はこれまでの約10倍にもなりました。そして小川節子さんも1年の治療期間を経て体内のウイルスを全て排除することに成功しました。