過換気症候群と闘う重田千穂子|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で重田千穂子さんについて放送されました。重田千穂子(しげたちほこ)さんは小堺一機さん司会の「ごきげんよう」の前身番組「いただきます」にレギュラー出演。俳優・伊沢弘さんと「ヒロシ&チーボー」を結成し女優ながら生放送でコントを熱演。さらにNHKの「コメディーお江戸でござる」に10年間レギュラー出演しました。私生活では40歳の時にテレビの放送作家と結婚。幸せな家庭を築きました。

 

そんな重田千穂子さんですが31歳の時、過換気症候群になってしまったと言います。過換気症候群とは精神が不安定になることなどで呼吸が速くなり脳内の二酸化炭素が減少し、脳が呼吸を停止。呼吸困難に陥り、しびれや痙攣、意識の混濁などを起こします。芸能界でも元AKBの前田敦子さんや川上麻衣子さんが発症したことも。近年、女性に急増している現代病です。精神的な不安などストレスを受けやすい人に起こりやすい症状と言われています。過換気症候群は突然意識を失うこともあるため、車の運転ができなかったり飛行機や新幹線に乗れなかったりします。重田千穂子さんは過換気症候群を発症して以来、10年以上もの間悩まされ続けていると言います。

 

心理療法士でカウンセラーの黒岩貴さんによると、運動することによって多くの人が治っているそうです。実際に重田千穂子さんも健康のために始めたチベット体操を始めたといいます。チベット体操とは古代チベットの僧侶たちが行っていた5つの儀式を現代人に合うようにアレンジしたもの。ヨガや気功と同じような効果があり今注目されている健康法です。重田千穂子さんはチベット体操を毎日10分行うことで呼吸を整え、落ち着いた精神状態を保っているそうです。さらに週に1回、ジャズダンスでストレスを発散。病気にひるむことなく前向きに生きています。