大航海時代 香辛料で巨万の富を得たポルトガル人|137億年の物語

テレビ東京の「137億年の物語~宇宙が始まってから今日までの全歴史~」で巨万の富を得たポルトガル人の物語が放送されました。ヨーロッパが競って海外へ乗り出した大航海時代。当時、巨万の富を築いた国がポルトガルです。エンリケ航海王子は大航海時代の始まりを築いた人物です。航海士学校を開きポルトガルから多くの船を未開の海へと送り出しました。しかし、エンリケ航海王子自体は船酔いがひどく船に乗れなかったため一度も航海に出ていません。そもそもなぜエンリケ航海王子は未知の海に船を送り込んだのでしょう?一つは経済的な理由でした。ヨーロッパからインドに向かう新しいルートを探したかったのです。それは香辛料で利益を得るため。特に貴重だったのがコショウ、ナツメグ、クローブ、シナモン。これらの香辛料は当時インドやインドネシア辺りでしか採ることが出来ませんでした。インドで銀1gで仕入れたこしょう1kgが、ヨーロッパの食卓にあがる頃には銀30gに。実に30倍にまではねあがりました。当時ヨーロッパに香辛料を運びためにはシルクロードを通らなければなりませんでした。しかし、15世紀オスマン帝国の台頭によってシルクロードが分断。オスマン帝国は香辛料に高い関税をかけていたのです。当時スペインとポルトガルはどちらが先にインドへ行けるか激しく競い合っていました。スペインは地球は丸いと信じるコロンブスが西へ西へと船を走らせインドに到達しようとしました。一方のポルトガルはアフリカ周りでインド到達を目指しました。そこで登場するのがヴァスコ・ダ・ガマ。ポルトガルの騎士階級の家に生まれたヴァスコ・ダ・ガマは航海術はもちろん優れた交渉術の持ち主だったと言われインド到達計画の司令官に任命されました。ポルトガルの狙いはインドと親交を深め香辛料を買い付けること。1497年7月、ヴァスコ・ダ・ガマは船4隻、船員170人を率いてリスボンを出発。1498年5月にインドのカリカットに到達しました。しかしインド人に全く相手にされませんでした。その裏にはライバルのイスラム商人の存在が。海賊だと噂を流され貿易をしてもらえなかったのです。そこでヴァスコ・ダ・ガマはインドの王を人質にとり強引に香辛料を売るように迫ったり、インドに向けて大砲を撃ったりし、母国ポルトガルに巨万の富をもたらしました。ヴァスコ・ダ・ガマはインド到達で莫大な報奨金と共に伯爵の地位を手に入れました。

 

インド航路を開拓しスペインと世界を2分する黄金期を迎えたポルトガルでしたが、その繁栄に終止符が打たれたのが1755年のリスボン地震でした。建物の8割以上が倒壊。さらに津波が起こり6万人以上が亡くなったと言われています。その後ポルトガルは慢性的な経済不況から今も抜け出せていません。